読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

百花繚乱

(※この記事はネタバレを含みます)

2015年11月29日、日本武道館で行われた「アンジュルム ファーストコンサートツアー2015秋 百花繚乱〜福田花音卒業スペシャル〜」にお邪魔しました!

お恥ずかしながらアンジュルム(スマイレージ含む)の単独のコンサートは今回が初めてでした。

モーニング娘。以外のユニットのメンバーの卒業公演というのは初めてで、DVDなどでも見たことがなかったので、どんな公演になるのかとても楽しみでした。
事前に花音ちゃん本人から、ありそうでなかった演出をするので楽しみにしててほしい。というアナウンスもあったので尚更に。

ファンクラブ枠で当選したチケットでしたが二階下手サイドのスタンドだったのだけが少し残念…
とは言え始まってしまえば席なんて関係なくて(私的には)。めいいっぱい楽しみました!

別件で原宿に行っていたのですが、田舎者のため道に迷ってしまい、武道館に着いて入場した頃にはもうオープニングアクトでつばきファクトリーがパフォーマンスをしていました。見たかった…

記憶を呼び起こしつつ、セットリストを振り返っていこうと思います。

OA.青春まんまん中 / つばきファクトリー
OA.ドスコイ!ケンキョにダイタン / こぶしファクトリー
つばきファクトリーのパフォーマンスの途中で入場しまして、上着を脱いだりサイリウムを準備したりでこぶしファクトリーもあまり落ち着いて見られず、、、
夏のハロコンで初めて見た青春まんまん中と比べると、歌唱が安定してきたように感じました!
OAとは言え、武道館という大舞台で物怖じせずにパフォーマンスする2組にアッパレでした!

そしていよいよ、コンサート本編へ。
公演中の注意事項のアナウンスの後、微かに流れていたBGMが段々と大きくなり舞台上の 百 花 繚 乱 のパネルが音楽に合わせて動き始めました。(黒子はハロプロ研修生4名)

モニターには1人ずつメンバーの名前が出て、その間に 百花繚乱 の完成。
アンジュルムメンバーがパネルの後ろにスタンバイを終えるとパネルは両サイドへ捌け、アンジュルム9名の登場!

01.出すぎた杭は打たれない

02.七転び八起き

アンジュルム名義のシングルからアップテンポの激しいナンバーを2曲続けて疲労。会場をヒートアップさせました。

MC
武道館公演の意気込みを一言ずつ
室田「誰一人欠けることなく楽しみましょう!」
福田「私欠けるんだよ!」

03.新・日本のすすめ!
04.地球は今日も愛を育む
05.ええか!?

個人的には大好きな三曲が連続で聴けてすごく嬉しかったです。会場でのええか!?の盛り上がり具合は初めて体感しましたが、最高でした!つんくさん天才!!!

MC
4期メンバー 上國料萌衣(かみこくりょうもえ)紹介
サブリーダー 中西香菜竹内朱莉
かみこちゃん可愛かったぁ〜。ちっちゃくて、それでいて堂々としていて。推せる。
そして、1人残る初期メンバーのリーダー和田彩花を支えるためにと2人のサブリーダーが福田から発表されました。
まるでミチシゲイレブンのデジャヴ。。。
上國料はカウントダウンコンサートからの参加とのこと。
新体制アンジュルムも楽しみです。貴重な8人体制は見れそうもありません、、、残念。

06.ドンデンガエシ

07.乙女の逆襲
08.寒いね。
09.プリーズ ミニスカ ポストウーマン!
10.夢見る15歳

アンジュルムの最新シングルからドンデンガエシ。楽しい。
ハロプロの現場には振りコピをする人が多く、推しメンの振りを真似ている人が多いのですが、ドンデンガエシはメンバーからの支持で自分が客席の左右どちらかに座っているかで振りが変わります。(笑)
乙女の逆襲は感想のワルツのソロダンスであいあい(相川茉穂)がすごく楽しそうな顔で踊っていてこっちも嬉しくなりました。
寒いね。は久々に曲自体聞いたんですけど、名曲ですね〜。
PMPWはやはりあの方を思い出してしまう、、、と思いながらイントロを聞いてましたが、なんとも可愛くて楽しい曲なんだと。あの方よりも、スマイレージ初めての武道館が発表されたひなフェスでのたけ(竹内朱莉)を思い出してジーンときました。
そしてそしてそして夢15!!!待ってました!!!大好き!!!イーヤフォンで!!!!!

VTR「RUN」
メンバーが疾走するVTRが1人ずつ流れました。
VTRの意図は私にはよくわかりませんでしたが、りなぷ〜(勝田里奈)の映像には会場中が笑っていました。

11.メドレー
ふたりはNS / 和田彩花福田花音
黄色い自転車とサンドウィッチ / 福田、佐々木莉佳子
しっかりしてよ!もう / 福田、相川茉穂
踊ろうよ / 福田、室田瑞希
すまいるブルース / 福田、田村芽実
恋人は心の応援団 / 福田、勝田里奈
ねぇ、先輩 / 福田、竹内朱莉
ヤッタルチャン / 福田、中西香菜
恥ずかしながら、このメドレー内で知っている曲は3曲しかなかったのですが、卒業する福田と1人ずつデュエットをするという新しい卒業式の形が素晴らしかったです。
アンジュルムだから出来た、アンジュルムにしか出来ないことだと思いました。
3期メンバーもスキル的にも成長し、頼もしいですね。でもしっかり伸びしろを感じられたしますますこれからが楽しみです。
f:id:pppppOoOqqqqq:20151201150715j:plain
竹内「先輩、愛してください(ねぇ、先輩)」

MC
矢島舞美からの手紙

12.わたし / 福田

13.交差点 / 和田、中西、竹内、勝田、田村、室田、相川、佐々木
福田自身が作詞したソロ曲。「肩書き」をメインテーマとした、等身大の彼女を感じられる曲だと思います。
そして、残りのメンバーで福田へ向けて歌った「交差点」は先日発売されたばかりのアルバムからの選曲。
室田のソロパートは圧巻でしたね。ホロリと流れた涙もまた、素晴らしい。演出として涙を流したのか、自然と出てしまった涙なのかわかりませんが、いずれにせよアッパレ。
"人生の大きな交差点は 時々ね訪れるものでしょう
笑顔でそれぞれの道を歩いてゆこう 元気でね さよなら
大好きよ ありがとう"

MC

14.私、ちょいとカワイイ裏番長
15.新しい私になれ!
16.同じ時給で働く友達の美人ママ
17.有頂天LOVE
18.臥薪嘗胆
19.友よ
ここのパートはもうアップテンポに次ぐアップテンポに次ぐアップテンポに次ぐ…という畳み掛け。
注目されることの少ない「寒いね。」のカップリングとして発表された「私、ちょいとカワイイ裏番長」は今や4番打者。毎回ホームランを打ち上げる曲ですね。イントロの煽りは2期メンバーが担当。ささやかに行われた福田からの継承ですね。素晴らしい。

寒いね。 (通常盤)

寒いね。 (通常盤)

「ちょいカワ」から「臥薪嘗胆」まではお決まりのコールも多く、熱気に溢れました。
「友よ」はこれまたアルバムから。彼女達らしく、笑顔で福田を送り出そう。そしてまた、互いに大きくなってここで再開しよう。というメッセージソングでした。
S/mileage/ANGERME SELECTION ALBUM「大器晩成」(通常盤)

S/mileage/ANGERME SELECTION ALBUM「大器晩成」(通常盤)

MC

20.大器晩成
アンジュルム体制の第1弾シングル。2015年のハロプロを象徴する曲と言っても過言ではないほど、革命的な曲です。OKAMOTO'Sのハマ・オカモトさんも絶賛し、ミュージシャンのLINEグループでも話題になったほどの衝撃作品でした。ハロヲタ的視点から見ると、サビとAメロの繰り返しで単調に感じる部分もありますが、落ちサビ前の和田から室田へ繋ぐソロパートは鳥肌モンです。初披露時のハロコンでは新人室田の力強く歌い上げる姿に客席は度肝を抜かれました。

25:28~

21.私の心 / 福田
MC 福田花音の手紙
ピンクのドレス、真っ白のファーに身を包み登場した福田花音スマイレージの腐敗の名曲「私の心」を、ホットピンクの光の海に囲まれ、歌いました。
天井から泡の舞う演出は、ハロプロのマザーシップ、安倍なつみの卒業式を髣髴とさせたとか。
その後、福田は自身の思いを綴った手紙を読みました。

22.旅立ちの春が来た

この曲が発売されてから既に2年?3年?経っていますが、この日のために書かれたのではないかと思えるような歌詞が次々と。季節は秋ですが。

MC
最後に1人ずつ、公演の感想と福田へのメッセージを簡潔に。
最後まで、しんみりさせずに笑顔で福田を送り出すメンバー達の優しさを感じました。
和田「花音ちゃんを恨んでいることがあります。8年前に貸したあやのお気に入りのボールペンをまだ返してくれません。」
という告発も。
福田「覚えてる。マ○ーちゃんのだよね。」
と返すと他のメンバーからも次々と借りパクの告発が。。。
そして最終的には和田から借りたタイツ(流れ的に恐らくタイツ)に関しては
福田「使い古してもう捨てちゃった」
テヘペロと言わんばかりの福田節でした。

23.スキちゃん

やっぱり外せないですね。この曲をラストに持ってくるのもアンジュルムらしい構成だと思いました。
2番サビ後の感想ではメンバー1人ずつに「スキちゃんスキちゃん○○がスキちゃん」というコールをするのが恒例です。インディーズから歌い継がれる至極の名曲ですね。

田舎に住んでいるもので、スキちゃんが終わり、メンバーが捌けたらそそくさと会場を後にしてしまったので、かにょんコールの後に何が起こったかは申し訳ないですがわかりません、、、

でもとにかく、幸せな空間でした。

福田が手紙の中で口にした夢。
「アンジュルムが大ヒット曲をリリースした時、その曲の作詞が福田花音でありますように。」
(ニュアンスで申し訳ありません。)
そんな福田の自慢は、「夢が叶わなかったことがない。」

彼女達の夢がいつか絶対叶いますように。
これからも福田花音を、アンジュルムを応援していきたいと心から思える素敵なコンサートでした!

メンバーとのメドレーに込めた思いなども綴られた、福田花音のブログ、是非お読みください!