ハロプロと私

昨日はFNS歌謡祭でしたね。
私はただただ悔しかったです。
ジャニヲタとしても観ていたので、スタートのV6×後輩メドレーはもう胸熱すぎて大興奮しました。

そして今回の目玉企画として掲げられていたアイドルコラボメドレー。
AKB48乃木坂46、欅坂46、ももいろクローバーZ私立恵比寿中学チームしゃちほこモーニング娘。'15、℃-ute、アンジュルムの9組99名による豪華メドレー!!!
じゃなかったんですか?
AKBの曲、何曲歌いました?AKBGだけで、スタダだけで歌ったのに、ハロプロのターンに何故ももクロがいたんですか?しかもももクロが乱入しててアンジュルムがフルメンバーじゃないって何事なんですか?なんかの歌の時、モーニングもフルメンバーじゃなかったですよね?
とまぁ、昨日のことについて文句を言えばキリが無いのですが。
本当に悔しかった。声が出なかった。体が動かなかった。
正直、℃-uteとアンジュルムが持ち歌を歌えるなんてこれっぽっちも思ってませんでした。ただ、モーニングにすらピンで歌う時間が与えられなかった。
この企画、ハロプロ呼んだ意味ありました?
「イマドキアイドルのAKBとももクロに混ざってハロプロだけ古臭いことやってまーーーすwwwwww」
って晒しあげられたようにしか感じられなかった。
私がひねくれてるだけかも知れないけど、嫌がらせにしか思えなかった。

私は、少なくとも私は、プライドを持ってハロヲタをやってます。ハロヲタであることに誇りを持っています。
これは決してハロプロが1番だと思って盲目になっているということではありません。
言葉にするのは難しいけど、AKBにだってももクロにだってそれぞれに魅力があるんだと思います。
ただ私は何かの巡り合わせでハロヲタをやっています。

前置きが長くなってしまいましたが、ハロプロと私の出会いと歴史を辿りたいと思います。
気持ちを落ち着かせるための自己満ですが。

1994年生まれの私は、所謂"黄金期"をリアルタイムで実感していた世代です。
もう少し早く生まれていたらASAYAN世代だったのに。と悔やみますが(笑)
あの頃はアイドルグループなんてモーニング娘。くらいしかいなくて、子供たちはみんなモーニング娘。が好きだったような時代でした。
うたばんにも毎週のように出ていた記憶がありますし、ハローモーニングも毎週かかさず視聴していました。
子供としてモーニング娘。のファンだった私の歴史は小学生の頃に一旦途絶えます。
モーニング娘。というよりミニモニ。が大好きで、初めてお小遣いで買ったCDもミニモニ。ジャンケンぴょんでした。
幼稚園生の頃は飯田圭織さんが大好きで(なんでだろう)、ミニモニ。が出てきてからは辻ちゃんこと辻希美さんが好きでした。
数年後、私が小学校低学年の頃に5期メンバーが加入し、そこで、何故か、本当になんでだかわからないけど、新垣里沙さんに一目惚れしました。ガキさんの生写真とかトレカとかいっぱい集めてました。
6期メンバーが加入するちょっと前くらいに、私はモーニング娘。ファンではなくなりました。
思春期の男の子特有の感情だと思います。
「アイドルが好きだなんて恥ずかしい。」
そんなかんじでモー娘。から離れました。
中学生の頃には道重さゆみさんがバラエティ番組で大活躍していて、モー娘。ってまだいたんだ。くらいの普通の一般人で。
その頃、嵐にハマってしまった私は、ひみつのアラシちゃん松潤に酷評する道重さゆみが不快で不快で(笑)
そんな私が再びモーニング娘。に出会ったのは高校3年生の時。
一目惚れから始まり、あんなに大好きだった新垣里沙さんが卒業したことを知りました。
朝のワイドショーで。
いや、なんで好きなメンバーが卒業した時にまた好きになるんだよ!
って思いますよね〜。
多分、そこがハロプロのすごいところなんだと思うんです。
ガキさんが卒業したことを知った私はすぐにYouTubeモーニング娘。と検索し、漁りまくりました。
ガキさんの卒業シングルである恋愛ハンターは一体何回見たんだろう…
でも、MVを見てただけの段階では、子供ばっかりだなぁ。と思っただけでした。
同時期に、というか、高校生になってからニコニコ動画をよく見ていて、所謂ニコ厨だった私の好きな踊り手さん(踊ってみたカテゴリでダンス動画を投稿している人。)がモーニング娘。の曲を踊っていました。
女と男のララバイゲーム」だったのですが、まぁかっこいい。非常にかっこいい。
曲がかっこいいし、踊りも複雑で、ひたすらかっこいい。
これをモー娘。がやってるの?すごいな。
と興味本位で本家のMVを見ました。そして、ライブ映像を見ました。
圧巻。
凄いんです。プラチナ期と呼ばれるモーニング娘。の終焉となった曲。集大成というか、なんというか。
高橋愛新垣里沙亀井絵里道重さゆみ田中れいな光井愛佳ジュンジュン、リンリン。
この8人の最高で最高なパフォーマンス。
ここから私はプラチナ期の曲を漁るようになり、リアルタイムで亀井絵里を見届けなかった自分を何回殴ったことか。(嘘です。)
その中で、関連動画として出てきた、その当時の現体制モーニング娘。の新曲「One・Two・Three」を見た時、私に雷が落ちました。
子供ばっかりだと思っていた現モーニング娘。が、こんなことをしているのか。
もう私は鞘師里保ちゃんに釘付けになりました。
ぽっと出の少女が、10年選手のれいなと並んでメインボーカルを務め、なんなら先輩を差し置いて堂々センターに位置して、落ちサビではフェイクまで担当している。
なんて奴だ。なんだこいつは。すごいぞモーニング娘。すごいぞ鞘師里保
その時のモーニング娘。の曲は、カップリングのThe 摩天楼ショーを含め、田中れいな鞘師里保と愉快な仲間達、のような編成で、歌割りはれいなと鞘師に偏重していて、他の9期10期メンバーはお飾りのような扱いを受けていました。
だからこそ、鞘師里保という怪物を、より引き立てていたんだと思います。
元々ヲタク気質な私はもうハマったらその後は早くて、毎日YouTubeを漁り、公式ホームページでメンバーのプロフィールを見て名前と顔を一致させて、MVと照らし合わせて確認して、とやっていました。(受験生でした。)
まずは9期加入後のMVをひたすら見ました。その後の新曲もすかさずチェックしました。(ワクテカtake a chanceに失望したのは内緒。)
11期メンバーとして小田さくらが加入し、Help me!!!でオリコン1位をとり、その後のシングルもオリコン1位をとり、徐々にメディア露出が増え、田中れいなが卒業したモーニング娘。は大々的に鞘師里保をセンターとして邁進していました。
ずっと鞘師しか見てなかった(見えていなかった)私が、いつだろう、いつだったんだろう、どのタイミングだったんだろう。他の子に気持ちが移ったんです。
誰だと思います?

そう、生田衣梨奈です。

可愛くて必死な生田がすごく気になって気になって。でも、歌割もなければ見せ場もない、MVもソロカット少なくて…
どうやって応援していいのかわからなかった。
私にはまだ早かった。生田は早かった。ので、とりあえずさゆを推してました(とりあえず)。

そんな受験生だったけど晴れて大学生になった私は徐々に他のハロプロユニットに手を出していきました。
生真面目に序列順に。(笑)
Berryz工房℃-uteスマイレージ、と勉強していく中でJuice=Juiceも誕生して。
ハロプロのお勉強、すごい楽しいんです。
みんな魅力的で、歴史が長くて。

無事にハロDDへと昇華していきました。(在宅です。)

そんな私の現場デビューは
モーニング娘。'14 コンサートツアー秋 GIVE ME MORE LOVE 〜道重さゆみ卒業記念スペシャル〜」
でした。
留学中にさゆの卒業発表があり、帰国して、チケットを確保して、朝からグッズに並んで初参戦。
初めて見たモーニング娘。はみんな可愛くて、みんな堂々としていて。
何より生田がハーフアップにしてくれてて、あの髪型の生田大好きなんですよぉ〜!
ハプニングはいろいろあったものの、無事にさゆの卒業を見届けた私は、あることを心に決めました。
「さゆの愛したモーニング娘。を、後輩たちを、そして、ハロープロジェクトをこれからも応援し続けていく」
その後はちょいちょい現場に顔を出しながら基本的には在宅ヲタとしてハロプロを応援しています。
現存ユニットのおさらいが1通り終わったので、今はハロプロ創成期のお勉強中です。
太陽とシスコムーンココナッツ娘。カントリー娘。メロン記念日などなど。
なにせ曲がいい。メンバーもいい。
あれ、ハロプロってすごいな。と、未だに思わされます。

近頃のユニット乱発や、地獄のような握手会スケジュールなど、つんくさん解任後の事務所のやり方は目に余る部分がありますが、それでもメンバーが魅力的である限り、私はハロヲタを辞められないと思います。

ジャニヲタを兼任しているので、ジャニーズとハロプロの扱われ方の違いに絶望することもあります。
それでも、雑草根性をもった彼女達の最大の味方でいたい。味方の1人でありたい。
そう思っています。

今回のFNSについて、忘れることはないでしょう。こんな屈辱、なかなか受けられるもんじゃありません。
見てろよフ○テレビ。
なーんて言ってもしょうがないですが。
最低でも、ハロヲタを楽しませてくれるハロプロでいてくれることを願います。

ハロプロ大好き!(雑)