読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

私事。

2016年も早くも8月になりまして
暑い日が続いておりますが、
皆様いかがお過ごしでしょうか。

今回は、ジャニーズやハロー!プロジェクトのお話ではなく、私事についての記事です。

正直、見ていて気持ちのいい記事と言えるものではないと思うので、読むか読まないかはおまかせします。
また、読んでいただいた上で、なんだこいつって思われた方は、Twitter等、ブロックしていただいて構いません。
この記事を書くにあたって、ただ、節目ということで自分の気持ちを整理したりすることが目的であり、心配してほしい、励ましてほしい、という意図ではないことだけお伝えしておきますが、そういう風に受け取る方がいるのもまた事実だと思うので、そこら辺はまぁ自己責任でお願いします(?)




さて、では本題ですが。
8月になったということで、私的には2年の節目を迎えました。
「病気である自分」と向き合ってから、2年。
通院を始めてから、2年。
2年前の8月、私は精神的な病気になりました。
ハッキリと病名を告げられたわけではないので、未だに自分がなんという病気なのかを把握してないのですが。
まぁ、ザックリ言ってしまえば、うつ病です。
パニック発作を起こすこともあります。
今では、人並みの生活を送ることが出来ていますが、寛解したわけではありません。
気分の波はひどいし、時には発作を起こすことだって決して少なくないです。
それでもこうして今日も生きているのは、大好きなアイドルに救われてる部分は大きいんじゃないでしょうか。
病気になってしまった原因としては、育ってきた、暮らしてきた環境の中に、ちょっとずつ散りばめられた要因が積もり積もってって感じなので、何が悪いって訳でもないです。
家庭環境だったり、小中のトラウマに近い嫌な思い出だったり、高校生の時に感じたプレッシャーだったり、留学での解放感と帰国してからの閉塞感のギャップだったり。
家庭環境に関しては、親が悪いなんて言ってられる年齢はとっくに越えているので、自分でもどうにかしないといけない問題ではありますし、小中での嫌な思いと言っても悲惨なイジメに遭っていたわけでもなく、なんでそんなこと?って感じだし、まぁ別にそんな暗い過去を背負っているわけでもアピールしたいわけでもないです(笑)
ただ、心が弱かった。それだけです。

大学1年生の秋学期が終わって2月からNZに4ヵ月間の留学に行き、その後6月に帰国して自動車の教習所に通ってる内に病気を発症し、教習所を退校し、2年生の秋学期は学校に行けませんでした。普通に外出することすら難しく、2時間近く電車に揺られるなんて想像するだけで死にそうでした。
そんなこんなで人生のドン底に近い日々を送っていて、通院して、薬をもらって、薬のせいで眠くて動けなくて、それでまた自分を責めて、でも薬がないと生活できなくて、の繰り返しでした。
色々あってカウンセリングも充分に通わずに、少しずつでも回復して、大学3年生になる頃には外出出来るようになってたし、電車も乗れて、大学にも通えるようになりました。
でもやっぱり薬の威力に勝てなくて、どうしても朝起きれなかったり、授業中にひどい睡魔に襲われたり、単位修得のために受けたTOEICのリスニング中に爆睡かましたり、授業で行うプレゼンテーションの際にパニック発作を起こしたり、とても正常な生活に戻れた訳ではありませんでした。

それでも、周りの人に支えてもらったり、もちろん通院もして、薬を飲みながらなんとか頑張って、ジャニーズやハロプロに元気付けてもらって、発作の恐怖と隣り合わせになりながらもコンサート行ったりなんかして。

発症から2年経った今、私は普通に大学に通って、アルバイトをして、コンサートにも行って、時には吹奏楽の演奏会に出演したりなんかして。周りの大学生と同じような生活を送っています。
ただ、半年間のブランクのせいで卒業が危ういので就職活動は今現在していません。とにかく卒業を最優先にしています。
周りの大学生と同じように、と言っても未だに通院はしているし、薬も服用しているし、時には頭の中がグチャグチャになったり、発作を起こしそうになったり、病気とは常に隣合わせで過ごしています。
でも、全然ホント普通に元気なんで、心配は無用です!


2年前の私に伝えたい。
たった半年で大学に行けるようになる。
たった1年でコンサートに行けるようになる。
たった1年半でアルバイトを始められる。
たった2年で元の生活に戻れる。
だから、この先、未来は長い。
可能性は未知数だと。

今、将来やりたいことがあって、でもやっぱり病気のことを考えて不安になったりするけど、耐えられた過去は何にも変え難い自分自身の財産になったのかな。

遅かれ早かれ、病気にはなるべくしてなったんだと思います。
むしろ、大学生の間に発症して良かったのかもしれない。不幸中の幸いってやつかな。なんて思うこともあります。

なので、まぁ、8月からも元気にヲタクをやります!!!!!